blog
Jul 30, 2017

【音楽を仕事にするってどういうこと?】その①

 

代表の大野木です。

音楽を仕事にするとはどういうことか?

322大野木DSC_0119

 

音楽で仕事させて頂いている僕らは当たり前のことですが、そんな当たり前のことを「へぇ~そうなんだ」と関心してもらえるかなと思います。

 

音楽で仕事と言ってもいろいろあります。

大きく3つに分けてみようと思います。

 

①ミュージシャン、アーティスト、バンドマン

②作詞作曲、アレンジ

③講師

 

他にもたくさんあるのですが、わかりやすい職種は上記になります。

 

今回は①「ミュージシャン、アーティスト、バンドマン」について書きます。

これは皆さん思っている通り、演奏してお金をいただくということになります。

演奏以外ではCDやその他の印税(カラオケ、ダウンロード、作詞、作曲の印税)などで稼ぐということになります。

もちろん、大半のミュージシャン、アーティスト、バンドマンは毎月の固定給など発生しません。

事務所の契約などにより、月給制もあるようです。

ですが、一般の平均年収にはもちろん届かない給料が多いと思います。

その辺りは、音楽で仕事をするというのは覚悟が必要です。

 

10年前以上の話になりますが、知り合いのバンドマンは事務所から毎月給料が出ておりましたが、月15万だったそうです。

ちなみにそのバンドは日本を代表するモンスターバンドで事務所にも名だたるアーティストが在籍しておりました。きっと潤っているからもっとお金を出してくれるだろうと思いがちですが、こんなもんだと思います。

むしろ売れるかわからない、売れ続けるかわからない、保証も何もないバンドにお金をかけるのはハッキリ言うと事務所側も賭けみたいなものです。

しかもバンドというのはいつ解散するかわかりません、メンバーのモチベーション、人間関係、事務所との折り合いなどちょっとしたことで崩れていきます。

 

 

僕の場合で説明すると、20代前半にスカバンドに加入して、7年間の活動をしてインディーズではありますが、CDアルバム3枚をリリース(全国流通)して全国ツアーなども回りました。

事務所ではなく、レーベルの方から声をかけていただきリリースという形になりました。

ちなみに事務所とレーベル(レコード会社)の違いですが、

 

事務所はアーティストのマネージメントをする

レーベルというのはアーティストを所属させCDを作る組織です

レーベルに所属できたからといって毎月の給料が出るというのはまずないです、あくまでCDの契約(1枚リリースのみ、2枚リリースなど)になります。

事務所に所属と言う形であれば、毎月の給料がいくらか出る場合があります(契約内容にもよります)

お金の面でみると事務所に所属したほうがいいと思われますが、バンドの方向性まで変えられてしまう可能性などもあります。

そもそも、事務所が声をかけてくれること自体ものすごく少ないです。演奏が上手くて、個性があって、ビジュアルも良くて、プロから見ても売れそうだなと思うバンド、アーティストに限ります。

僕のバンド時代は毎月の給料が出るわけではないので、もちろんアルバイトなどで生活費を稼がなくてはなりません。

1枚目のCDアルバムをリリースしたときは、予想上回る売り上げになり、ある程度の印税も入ってきました。ただ、バンドメンバーが7人だったので、1人の取り分は少なくなります。ちょっと贅沢なおこずかいといったところでしょうか。

でもCDをリリースすると、知名度はやはり上がってきます、全国流通ならなおさらですね。

イベンター、企画会社、地方のライブハウス、同じジャンルのバンドからライブのお誘いがたくさん来ます。

中にはそんなギャラ(出演料)をもらっていいのかと言うぐらいのもありました。地方の場合は誘った側から交通費、宿泊費を出してもらえます。

今、考えるとかなりいい待遇を受けていたと思います。

 

ミュージシャン、アーティスト、バンドマンが音楽で仕事すると言うのは、まず生活ができるように稼がなくてはなりません。

そのためにはCDをリリースして、ライブツアーをして、ライブ会場でグッズなど販売して稼がなくてはいけません。

要はCDリリース、ライブツアー、これの繰り返しになります。

好きだから辛くともなんともないと思われがちですが、これが結構キツかったりします。

そもそもCDアルバムを作るだけでものすごいエネルギーを使います、そしていろんなところと関わってくるのでプレッシャーも感じます。

ライブツアーも過酷です、僕のバンド時代は移動時間で睡眠をとっていて、3日間風呂入れずなんてのがありました。

2.3時間のライブでもとんでもないエネルギーを使います。

僕が経験したインディーズという小さい規模でもそう思えるということは、メジャーレーベルに所属するトップアーティスト(事務所に所属している)はいろんな悩みを抱えつつ、売れなければいけないというとてつもないプレッシャーに絶えながら仕事をしていると言えます。

 

ちなみに演奏だけしてお金がもらえるスタジオミュージシャンはまた話が別になります。

よくアーティストのバックで演奏している人をテレビなどで見かけるとおもいますが、まさにその人がスタジオミュージシャンですね。その他にもレコーディングなどで稼いでいますね。

スタジオミュージシャンの方が楽かと思いきや、そうでもありません。技術力、演奏力がものを言うので腕っぷしが必要です。その場で知らない曲をやることもあります。いかに臨機応変に対応できるか、どんなジャンルでも弾けこなすことができるかが必要となります。

そのためには音楽的な知識はもちろん、経験も大事になってきます。

でも一番大事なのは人間性かもしれません。なぜかというと、初対面の現場が多いからです。そこで上手く協調性が取れる人は自然と仕事が舞い込んでくるでしょう。

バンド解散後、僕はスタジオミュージシャン的な活動でいろんな方と演奏させて頂きました。と言うか今もいろんな場所でジャンルにこだわらず演奏させていただいてます。

僕はバンドマンも経験して、スタジオミュージシャンも現在進行形ですが、どちらも決して楽だなと思ったことはありません。

強いて言うならスタジオミュージシャンの方が大変かもしれません。その分やりがい、自己の成長というのは垣間見えてるような気がします。

 

音楽で仕事をするというのは、僕は高校生からの憧れでしたが、言うほど華やかなものじゃないと言うのがわかりました(笑)

ですが、

苦しい中にも楽しさを見出せる。

 

そういう風に思える人が音楽を仕事にしているのではないかと思います。

 

次回は②の「作詞作曲、アレンジ」について書きます。

ではこの辺りで、、、

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

Posted in blogNo Comments » 

 

Jul 27, 2017

生徒さんからいただいたお手紙

 

代表の大野木です。

来月にお引越しとのことで海外に行ってしまう小学生の生徒さんからお手紙をいただきました。

仲田先生担当の生徒さんなのですが、なんと僕にまで書いていただけるとは、、、

嬉しくて涙が出そうでした。

ファイル_000

 

こちらの生徒さんは小学1年生から小学5年生までの4年間も通ってくださり、発表会ライブにもたくさん出演していただきました。

全くの初心者ではじめたアコースティックギターは今では弾き語りまでやるようになり、そして最近はエレキギターも弾いております。

何かをやり続けるというのは、大人でも子供でも難しいもの。通い続けた生徒さんのモチベーションは本当にすごいなと思いました。

もちろん、担当していた仲田先生のレッスンがそうさせた部分もあるので、仲田先生も素晴らしいですね。

あとは毎回送り迎えしていたお母様あってのことだと思います。忙しい中での送り迎え、本当にすごいなと思います。

ジャズンではキッズ(小学生)の生徒さんが4分の1ほどを占めております。この少子化の時代にこれだけの生徒さんに来ていただけてるのは本当にありがたいことです。

仲田先生が児童教育の専門教育を受けていたということもあり、こちらの生徒さんのレッスンを始めてから、本格的にキッズのコースを作りました。

キッズコースが人気あるのも、こちらの生徒さんのお陰、そして仲田先生のお陰でもあります。

一生懸命レッスンに通ってくれたことを大変嬉しく思います。

本当にありがとうございました。

 

仲田先生も

————————————————————————————-

生徒さん自身から色々学ばせて頂きました、何よりもここまで一生懸命レッスンに通ってくれて本当にそれが嬉しいんです。

————————————————————————————-

と言っておりました。

仲田先生の人柄が出ている言葉ですね。

僕たち講師はこんな一生懸命な生徒さんから元気をもらい、そして励みになっております。

本当に感謝感謝です。

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

Posted in blogNo Comments » 

 

Jul 25, 2017

明日は講師JAZZ Live@越中はのぞの座

 

代表の大野木です!

 

明日は仲田先生とクミコ先生の講師ジャズライブです!

場所は新検見川駅からすぐのところ、幕張の名店「越中懐古」さんの姉妹店、「越中音酒場はなぞの座」です。

1ヶ月前にこちらで行ったジャズライブも満員御礼の大好評のようでした。

仲田先生、クミコ先生も生徒さんに見に来ていただき感謝感謝と言っておりました♪

 

今回も美味しい料理、お酒、そして素敵な音楽でジャズの雰囲気を味わっていただければと思います♪

お時間のある方は是非是非!

ライブ詳細です!

 

726チラシ

 

2017.07.26(Wed)@ 越中音酒場 はなぞの座

【JAZZ Live@はのぞの座 Vol.2】

19:30~2SESSION
Charge¥1.500

Member
Kumiko Kahlo(pf&vo)
仲田シンヤ(gt)

 

越中音酒場 はなぞの座
千葉県千葉市花見川区花園1-8-7
TEL 043-307-7207

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

Posted in blogNo Comments » 

 

Jul 23, 2017

2017.10.29【発表会LIVE&SESSION!】詳細

代表の大野木です!

10/29(日)にJAZZ’N主催の「発表会LIVE&SESSION!」が決定しました♪

今回もJAZZ’Nの生徒さんはもちろん、生徒さんのお知り合いなど外部の方で、楽器演奏やボーカルでの参加もOKです!
外部の方の参加費は下記を参照下さい。

そして一般入場も可能です!(有料1人¥2000)

発表会ライブの様子はこんな感じです♪

 
発表会というと少し堅い感じをイメージするとは思いますが、ジャズンではライブのような感じで、気軽に楽しめる雰囲気作りをしております♪

 

このブログを見てご興味のある方、音楽が好きな方、これから楽器を始めようという方、ライブが好きな方、まだ生でライブを観たことがない方などなど、是非見に来てください♪
生徒さんの一生懸命な姿、プロミュージシャン講師の演奏など楽しいこと間違いなしです!

↓10/29「発表会LIVE&SESSION!」の詳細です!

1029発表会ライブ

 

日程: 2017年10月29日(日)
開場時間 13:15  開演時間 13:30  終了時間 17:00

会場: 島村楽器 イオンモール幕張新都心店スタジオ
TEL: 043-350-4800
住所: 千葉県千葉市美浜区豊砂1-1 イオンモール幕張新都心 グランドモール1F

☆アクセス☆ 電車でお越しの場合
○JR海浜幕張駅より
イオンモールバスターミナル行きバスにて約8分
○JR幕張本郷駅より
イオンモールバスターミナル行きバスにて約19分
○JR新習志野駅より
グランドモール行きバスにて約8分

車でお越しの場合、イオンモール駐車場6時間無料。
土日は駐車場が混雑します。お気をつけください。

※今回も生徒さんのお知り合いなど外部の方で、楽器演奏やボーカルでの参加もOK!
参加費は当日徴収させていただきます。(下記参照)

事前のリハーサルは無し、本番直前の簡単なサウンドチェックにのみ
参加曲数:  1~2曲

参加費:   一般 ¥5,000/大学生以下 ¥4,000
※生徒様参加費は10月分月謝と一緒に徴収させていただきます

一般入場料¥2000(中学生以下は無料)
※小学生の生徒さん参加の場合は保護者様1人付き添い(入場無料)

※飲み物持込OK
参加締め切り⇒9月末まで

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

Posted in blogNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 50