blog
Jul 21, 2017

【歌に寄り添う伴奏とは?】

 

代表の大野木です。

大野木_1

 

ちょっとした意識だけで歌に寄り添う伴奏ができます。

僕が今まで経験したことを前提を書いております、人によっては全く違う場合もあるのでその辺りはご了承ください。

 

 

①歌に感情移入しすぎない

 

②歌のリズムに引っ張られない

 

③歌い手さんが何を求めているかを察する

 

 

この3点について説明していきます。

 

 

 

まず①の「歌に感情移入しすぎない」です。

なぜかと言うと、歌詞を聴きすぎて伴奏者も曲に入り込んでしまうと、平常心を保てなくなってきます。

平常心を保てなくなると、やはりミスなども増えてきます。

本番前に楽譜を渡されてステージに上がるときもあるので、まずはしっかりと楽譜どおり弾く、これが大事ですね。

ここで僕の失敗例をひとつ挙げます。

ものすごく素晴らしい歌い手さんのサポートさせて頂いたときに、弾いている自分がその歌に感動してしまい、ミスを犯すことがありました。

ものすごく伝わってくる歌で、心が動いてしまい平常心を保てなくなりました。

歌を、歌詞を聴きすぎてもダメなんです。

 

 

次に②の「歌のリズムに引っ張られない」です。

歌い手さんによっては、部分的にわざとモタらせて(ためて)歌う方もいらっしゃいます。

その表現で聞き手はグっときたりすることもあります。

もちろん、全体的に前ノリ、後ノリ、ジャストなど歌い手さんによってリズムの取り方などはかなり違ってきます。

僕もたくさん歌伴させていただいて思ったのは、歌い手さんが前ノリであろうと後ノリであろうと、伴奏者はそれに引っ張られず、なるべくジャストでとらえるべきだと思いました(場合によっては前ノリ、後ノリに合わせることもあります)

ある意味、淡々とリズムを刻んで弾くというほうが近いかもしれません。

淡々とリズムを刻めるというのは意外に難しいです。こういうときはクリックの練習がものを言います。

ジャズの伴奏の場合は完全にリズムをずらして歌う方もいるのでなおさらリズムに引っ張られないように気をつけたいですね。

 

 

最後に③の「歌い手さんが何を求めているか察する」です。

これが一番難しいかもしれません。

本当に淡々と弾いていたらオケと変わらなくなってしまいます。

わかりやすく言えば曲の中での盛り上がり、そして落とすところなどしっかりと確認して一体感を出す。

強弱、盛り上がりなどを指示してくれる歌い手さんもいれば、そのときの気分よって変わる歌い手さんもいます。

やはりその辺りは察することができるか、ということになります。

ただ、そのときはしっかりと歌を聴いていなければなりません。

バンドの音源のときはここが盛り上がっていたのに、コード楽器だけの伴奏だと盛り上がるところなど変わってきた、などはよくありますね。先入観にとらわれずその場で臨機応変に対応できることがベストです。

僕はジャズ、ポップスなど幅広く演奏させていただいているので、ジャンルによっては当てはまること、当てはまらないことなどがありますのでご注意をください。

あと最後に僕が一番気をつけていることは、演奏中はなるべく我を出さないこと。

我を出してしまうと自分中心の演奏になってしまいます。一歩、歩み寄って一体感を大切にするという意識だけでかなり変わってきます。無我くらいの気持ちで弾いております(それでも自分の表現は自然と出てきてしまう)

歌に寄り添った伴奏ができているときはとても気持ちいいです。僕はギターソロを弾いている何倍も気持ちよくて、幸せな気分になります。

インストも好きですが、歌ものは大好きです。

「歌に寄り添う伴奏」ということで書かせていただきましたが、毎回歌伴をやるごとに、勉強勉強でございます。

考えすぎてうまくいかないこともあれば、フィーリングに頼りすぎてうまくいかないこともあります。

そのバランスが大事なのですが、まだまだ不器用な自分。

精進ですね。

これからも歌に寄り添う伴奏を心がけていきたいと思います。

 

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

Posted in blogNo Comments » 

 

Jul 19, 2017

【稲毛野外音楽堂】ライブレポ!

 

代表の大野木です!

海の日17日は野外ライブでした。

朝起きると結構な雨だったのでちょっと心配しましたが、すぐに天気は回復。

日中はものすごい暑さでした。

 

今回はエレガットとお気に入りの木製の足台。

そう、アコースティック編成でした。

717ライブ

717ライブ2

 

 

 

出演者なんと20組!

午前11時~16時までの長丁場でした。

ステージもかなり広いです。

 

717ライブ3

717ライブ6

 

 

ちなみに出番は14時ぐらいだったので、それまでの間をもたせるために午前中から一杯やりました(笑)

午前中から飲むなんてかなり久しぶり、快晴の下でのビールは格別でした。

717ライブ5

 

 

 

三連休の最終日、猛暑だというのに午前中から結構お客さんがいてビックリしました。

座ってるだけで汗が出てくるくらいですからね。

最近は見た目で惹きつけてしまうこのバンドさんと一緒になります(笑)

 

717ライブ4

717ライブ7

 

今回はライブの写真がないので去年のやつでお許しください。。。

718ライブ

 

千葉のバンドが無料で一度にたくさん見れるというなんともお得なイベント、出演していたバンドさんかっこよかったですねー

ジャンル、そしてパフォーマンスなどもさまざまでしっかりと楽しめました。

猛暑にも関わらず見に来ていただいた生徒さんがいらっしゃってとても嬉かったです、暑い中本当にありがとうござました!

来月も19日に千葉中央公園で野外ライブがあります!

またお知らせします!

 

 

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

Posted in blogNo Comments » 

 

Jul 16, 2017

星の飾り(ラッキースター)作り方

 

代表の大野木です!

このエントランスの飾りが大変好評いただいておりまして、生徒さんから嬉しいお言葉をいただいております。

DDIplgYUQAAsjhz

 

ちなみにこの星の飾りはラッキースターって言うらしいですね。

ラッキースターは手作りなのか?

どうやって作っているのか?

 

生徒さんからお問合せいただいたのでご紹介します。

そう、手作りです。

僕は作ってません(笑)

嫁さんがせっせと作ってくれました。

作り方はこちら!

 

不器用な僕は途中であきらめそうな感じです。。。

梅雨明けもそろそろなのでアサガオも変えなきゃですねー

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

Posted in blogNo Comments » 

 

Jul 15, 2017

海の日は海沿いのステージでライブ

代表の大野木です!

今日から三連休ですね、夏休みの学生さんもいらっしゃいますね。

 

僕らの職業は皆様が休みのときこそ頑張りどころでございます。

ということで三連休もがっつりお仕事させて頂いております。

 

そんな三連休の最終日、17日の海の日は海沿いのステージでライブです!

場所は稲毛海浜公園野外音楽堂、開放感があって大きなステージでとても気持ちいいです。

千葉LOOKの店長さんの毎年恒例の野外イベントです、千葉のかっこいいバンドが1日で見れるお得なライブです。

日中のイベントなので、暑さ対策をしなきゃですね。

入場無料です、是非遊びに来てください!

あ、ちなみに出番は当日決まるので、教室のフェイスブックツイッターでお知らせします!

ライブ詳細です!

717フライヤー

 

7/17(MON)@稲毛海浜公園野外ステージ

 

「サイトウヒロシミュージックショウ」

 

STRAT 11:00    END  16:00

司会:サイトウヒロシ

チャージフリー(入場無料)

小雨決行

■会場:稲毛海浜公園 野外ステージ
■住所:千葉県千葉市 美浜区高浜7丁目2-1

出演バンドはこちらから見れます

 

 

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e5%8f%97%e4%bb%98%e4%b8%ad

Posted in blogNo Comments » 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 50